メキッキオヤ

<

 


タティングレースとして知られる「メキッキオヤ」は、専用の舟形のシャトルを使って編み上げます。
カッパドキアでは、トゥーオヤ(鍵編み)についで作られるオヤですが、専用のシャトルを使うため、
作れる方が限られる上級の技が必要なオヤです。

特徴は、なんと言っても「繊細」 オスマン帝国時代に、宮廷の女性たちが作り始めた歴史から、
オヤは上品で貴重なもの。メキッキオヤはその特徴がよくでた作品です。
DAISYでは、繊細で上品な雰囲気が一番引き立つ、幅広のブレスレットとしてご紹介しています。

 

 専用のシャトルで編み上げます。

メキッキはタティングレースとは、
ちょっと編み方が違う部分もあります。
タティングレースが、トルコで独特の
発展をしたものがメキッキオヤ。


 

 
気品のある雰囲気が素敵です。ノリで固めなくても、しっかりした作り。

 

DAISYでは、地元の女性たちに、一番得意のオヤの種類・得意なデザインを選んで、作品作りを
お願いしています。メキッキのクラッシックデザインは、年齢の高いかたのみ作れるもの。作れる方が
限られますから、作品数に限りが出てしまうのは、しょうがないことです。でも、質がしかっりした
良い作品を手にしていただくのが一番だと思っています。

編み方、デザインも豊富に存在するメキッキオヤで、少しづつですが、さらに魅力的な作品を
ご案内してゆきますね。

 

 

 

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

52